7月18日(土) 「河村博司ソロライブ」
※終了しました。暑い中ご来場ありがとうございました!
貴重なリハ中ショット。

足もとにいっぱい「仕込み」が?
私事ですがこの日のライブで、
私がなぜライブ通いをするようになったのかを
改めて思い出しました。
それはミュージシャンと、お客さんと、会場が
合わさって複雑に絡み合って出来上がる、カタチのない「ナニカ」。。

それはたった一回きり、その時その空間にいないと感じられないもの。
ああ、こういう瞬間に魅せられて「ライブ」に引き込まれていったんだった。

お定まりのコール&レスポンスや
熱い盛り上がりだけでは作れない、
もっとあったかい血の通った「ナニカ」


それをたっぷり堪能させていただきました。
でこ姉妹舎で、ライブしていただけてよかった。

今の、この日の、ライブに出会えたことを
ずっとでこ姉妹舎のお宝にします。

お客さん、河村さん、ありがとうございました。
2009/7/18(土)
      開場:16:30/開演17:00
      料金:2000円+飲食代 

     ■河村博司
        シンガー、ソングライター、ギタリスト、ベーシスト。
        16年在籍した「ソウルフラワーユニオン」をこの5月に脱退、本格的なソロ活動を開始。
        プロデュースやレコーディング/ミキシングのエンジニアもこなす。
        Kawamura Hiroshi Web

もうずいぶん前に、NHK「みんなのうた」で流れていた
「青天井のクラウン」という曲。
子どもと一緒になんとなく流し見をしていた中で
妙に印象に残る曲でした。
それを数年後、とある大阪のライブハウスで聴いたのです。

TVとは違う人が歌っているけど、「おおっこの曲は!」と驚いたものです。
それは、河村さんと中川敬さんによる
ソウルフラワーユニオンの楽曲だったのでした。
TV放映当時はまったくそんなことは知らず。

祈りのこもったせつないうた。
あまくやわらかな声。
女性ものの洋服も着こなせそうな、きゃしゃな姿、きれいな指。
それが河村さんとの初の出会いだったのです。

その後、ギタリストとしての演奏は何度も体験。
弾きまくる河村さんはそりゃもうかっこよくて。

でも「歌」はあの時一回きりだったのです。
今回、でこ姉妹舎で聴けるとは、なんとうれしいことでしょう。


ソウルフラワーユニオン脱退後初の、関西でのソロライブ。
たっぷりと河村さんの歌世界に浸れます!
小さな喫茶店なので、かなり接近(?)できます!
ぜひ、お越しくださいませ。